• トップページ
  • 診療メニュー
    • 一般歯科
    • 歯周病治療
    • 審美歯科
    • インプラント治療
    • 口腔外科
    • 予防歯科
    • 口臭治療・マウスガード
    • 根管治療
    • ホワイトニング
    • 無痛治療
  • 初めての方へ
  • 院長・スタッフ紹介
  • 料金表
  • 症例紹介
  • 医院案内
  • アクセス

できるだけ痛みを抑えた治療「無痛治療」を心がけています

歯科医院が苦手な方の理由のひとつは「痛み」のイメージでしょう。当院では歯科治療に対するネガティブなイメージを払拭するため、「痛み」をできるだけ軽減するようなさまざまな取り組みをしています。麻酔に工夫し、歯科用レーザーを導入しているのはそのためです。なるべく痛くない治療のことは大阪市東住吉区の歯医者「ひだまり歯科クリニック」にご相談ください。

当院の「無痛治療」について

当院ではできるだけ痛みを抑えた治療「無痛治療」を心がけています。「無痛」といっても「痛み」には個人差がありますので、「まったく痛くない治療」を行うというのは難しいことです。それでもできるかぎり痛みを減らすために、麻酔にもさまざまな工夫をしています。

表面麻酔

表面麻酔とは、麻酔を打つ部分に塗る麻酔のことです。注射針を刺すときの針の「チクッ」とした痛みを和らげます。

電動麻酔

麻酔液を注入する際に注入量に変化があると圧痛を起こしてしまうことがありますが、電動麻酔を使うと一定の速度でゆっくり注入できるので痛みの低減につながります。できるだけ細い針(33G)を使用するのも痛みを抑えるための配慮です。

カートリッジウォーマー

麻酔液が体温より冷たいと体内との温度差によって身体が敏感に反応し、その刺激を「痛み」と認識してしまうことがあります。その刺激を減らすため、麻酔液を体温と同じくらいに温めて使用しています。

痛みが苦手な患者様へ~静脈内鎮静法~

インプラント治療を受けるかどうかを決めるにあたり、外科手術に苦手意識を感じている方もいらっしゃるでしょう。そんな方のために当院では、リラックス状態で手術ができる静脈内鎮静法を行っています。インプラント治療を受けるかどうかを決めるにあたり、外科手術に苦手意識を感じている方もいらっしゃるでしょう。そんな方のために当院では、リラックス状態で手術ができる静脈内鎮静法を行っています。

ぼんやりしたリラックス状態で治療ができます

静脈内鎮静法とは、血圧や呼吸を監視しながら、点滴で薬を入れていく方法です。全身麻酔のように完全に意識がなくなる訳ではありませんが、ぼんやりと「うたた寝」をしているときのような感覚になります。会話をすることは可能なくらいの状態ですので、「お口を開けてください」といったお声がけにも反応できます。リラックス状態で手術が終了しますので、手術中のことはあまり覚えていらっしゃらないことが多いようです。※静脈内鎮静法は専門の医師の立ち会いのもと行います。

炭酸ガスレーザーを導入しています

医療の分野で活用されているレーザー。当院でも歯科用の炭酸ガスレーザーを導入しています。口腔内の細菌の除去に効果を発揮する歯科用レーザーは、さまざま治療に応用可能です。

虫歯予防と治療

歯ブラシが届きにくい部分でもレーザー照射をすることで虫歯菌を除去できます。またレーザー照射によって、歯質を強くする効果のあるフッ素が浸透しやすくなります。初期段階の虫歯は、レーザー治療により虫歯の進行を止め、虫歯の除去が可能です。

歯周病の治療と予防

レーザー照射により、歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)に潜む歯周病菌の除去が可能です。傷の治りも早くなるので、歯周病菌による炎症、膿、出血の治まりも早まります。

知覚過敏の緩和

歯の表面を覆っているエナメル質が何らかの原因で薄くなると刺激に敏感になり、「痛み・しみ」を感じやすくなることがあります。これが知覚過敏です。この部分にレーザーを照射することで、歯の表面に薄い膜ができ、歯の神経を保護するので知覚過敏の症状が和らぎます。

歯ぐきの黒ずみの除去

メラニン色素の沈着による歯ぐきの黒ずみは、レーザー照射によって除去できます。照射後、数日~1週間で健康な色の歯肉に改善します。

口内炎の治療

口の中にできる口内炎や、唇にできる口角炎にレーザー照射すると、すぐに痛みが和らぎ、治りも早まります。入れ歯があたってできる潰瘍の治療にも効果的です。

院内感染の予防のため衛生管理を徹底しています当院の「滅菌」の取り組みはこちらをご覧ください

当院ではCAD/CAMシステムを歯科に応用した画期的なセレックシステムを完備しています

歯科用CTを活用することは安心・安全な診療につながります

このページの先頭へ